新着情報

◆2015/11/19
症状が出にくい淋病はすぐにでも見つけようの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病が妊娠に与える影響の情報を更新しました。
◆2015/11/19
注射1回だけでパートナーも絶対治療するの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病の潜伏期間中は意外に長いの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病を防止する2つの方法の情報を更新しました。

淋病を防止する2つの方法

ほとんどの場合、淋病は性行為によって感染します。一切しなければ感染もしませんが、現実的ではありません。そこで、性行為があることを前提とした防止方法を2つ紹介します。

相手を限定すること

「感染していない者同士」なら淋病になることはありません。したがって、パートナーが限定されていて、お互いに性病になったことがないなら安全です。問題なのは、不特定の相手と交渉があるときや、あった場合です。特に女性は、すでに淋病になっていても気づかないことが多いため、男性に感染させてしまうことがあります。

日頃からきちんとした性行為を心がけるように致しましょう

そこで、自覚はなくても一度は検査をしてみることをお勧めします。お互いに病気ではないことが明らかになれば、安心して性生活を送ることができるでしょう。

コンドームを使用する

簡単で確実な予防法です。ただし、正しい方法で使用しないと感染してしまうこともあります。最も気をつけることは、コンドームを破らないようにすることです。爪をたてたり、裏表を間違えたりすると破れやすくなりますので、注意が必要です。

淋病は、自覚症状がなかったとしても非常に危険な病気です。しかし、少し注意するだけでも確実に防ぐことができるものです。相手にうつさないためにも、予防を心がけましょう。

▲PAGE TOP