新着情報

◆2015/11/19
症状が出にくい淋病はすぐにでも見つけようの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病が妊娠に与える影響の情報を更新しました。
◆2015/11/19
注射1回だけでパートナーも絶対治療するの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病の潜伏期間中は意外に長いの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病を防止する2つの方法の情報を更新しました。

症状が出にくい淋病はすぐにでも見つけよう

女性は淋病にかかっても症状が出にくいことから、なかなか感染に気付くことができません。悪化すると不妊症になることもあるので、パートナーが淋病にかかっているなど、少しでも疑わしいときはすぐにでも検査が必要です。

淋病を調べられる場所は3つ

病院

婦人科などの専門病院で受診するのが確実な方法です

婦人科を受診して調べてもらうのがもっとも確実な方法でしょう。結果が出るのも早く、すぐに治療ができるので、病院へ行くのがベストです。ただ、予約が必要で、待ち時間が長いこと、診察費用が高額になることがデメリットです。

保健所

費用をかけたくない方は保健所で調べてもらうことも可能です。ただし、限られた日程で平日昼間しか受け付けていないなどの問題があり、忙しい人には難しいかもしれません。また、調べてくれる性病の範囲も狭いので、事前に淋病の検査があるかどうか確認する必要もあります。

自宅

他人と直接やり取りすることを避けたい方もいるでしょう。そういう人は、自宅でできる検査キットを購入すると便利です。調べたものを検査機関に郵送する必要がありますが、プライバシーにも配慮してくれますので、他人に知られることなく調べることが可能です。

パートナーがすでに淋病になっている場合のように、感染の危険性が高い場合は病院を受診し、念のために調べるなら保健所か通販を利用すると良いでしょう。

▲PAGE TOP