新着情報

◆2015/11/19
症状が出にくい淋病はすぐにでも見つけようの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病が妊娠に与える影響の情報を更新しました。
◆2015/11/19
注射1回だけでパートナーも絶対治療するの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病の潜伏期間中は意外に長いの情報を更新しました。
◆2015/11/19
淋病を防止する2つの方法の情報を更新しました。

淋病を防止する2つの方法

ほとんどの場合、淋病は性行為によって感染します。一切しなければ感染もしませんが、現実的ではありません。そこで、性行為があることを前提とした防止方法を2つ紹介します。 相手を限定すること 「感染していない者同士」なら淋病に […]

淋病の潜伏期間中は意外に長い

パートナーが淋病に感染しているかもしれない。そんなときは自分に症状が出ていなかったとしても、検査をしておきましょう。 性行為があってから1週間は分からない 多くの性感染症は、すぐに症状が出るわけではありません。菌が体内で […]

注射1回だけでパートナーも絶対治療する

性感染症は、発見が早ければ早いほど治療期間が短くて済みます。淋病も同じで、すぐに気づくことが大切です。疑いがあったらすぐに検査をした方が良いでしょう。感染が判明したら、抗生物質を投与することで治療が行われます。 治療は注 […]

淋病が妊娠に与える影響

淋病に感染すると、おもに子宮頸管から子宮内部にかけて炎症が広がり、子宮外妊娠や流産、早産の原因になるだけでなく、不妊症になることもあります。また、妊婦が感染している場合は、赤ちゃんにも淋病がうつる可能性があります。 失明 […]

症状が出にくい淋病はすぐにでも見つけよう

女性は淋病にかかっても症状が出にくいことから、なかなか感染に気付くことができません。悪化すると不妊症になることもあるので、パートナーが淋病にかかっているなど、少しでも疑わしいときはすぐにでも検査が必要です。 淋病を調べら […]

▲PAGE TOP